スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16回定期演奏会開催への感謝

12月8日(土)、我が混声合唱団Cieloの第16回定期演奏会が行われました。

お越しいただいたお客様方、お世話になった川越西文化会館メルトの方、シエロ後援会ティエラのみなさま、東京国際大学の皆様、ご指導いただいた先生方、そしてシエロのみなさん、定期演奏会を楽しいものにして下さってまことにありがとうございます。

私は、定期演奏会の終曲「ティオの夜の旅」を歌い切ったとき、嬉しいという、楽しいという、悲しいという感情を、これほどまでに強く感じたことはありません。

本当に、ありがとうございます。

私は混声合唱団Cieloの学生指揮者・青木です。

今回、たくさんの方々にご協力をいただき、定期演奏会を無事に開くことができました。

アンケートでも、「毎年行きたい」「感動した」と書いてくださった方が多くいらっしゃり、恐悦至極でございます。定期演奏会後、団員と泣きながら一枚一枚、大切に読ませていただきました。

私ども混声合唱団シエロは、音大の学生でもなければ、このシエロの団員になるために大学に来たわけではありません。みんながそれぞれ別々の道を歩む中で、何千、何万もの偶然が重なり、このシエロという場所で偶然出会いました。
この奇跡を、大切に大切に、生涯の宝物にしていきます

♪卒団する4年生のみなさまへ
私を、シエロに入れてくださって本当にありがとうございます。
私を、先輩方の後輩にしてくださってありがとうございます。
先輩方の大切なシエロを、引き継がせてくださってありがとうございます。
大好きでした。大好きです。まだOB・OGにならないでください。

絶対に、送別会で泣いてもらいます


最後になりますが、第16回定期演奏会にいらして下さった皆々様、お楽しみいただけたようでなによりです。
混声合唱団シエロは、慢心することなく、一層の努力をしてまいる所存でございます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。